★ 一行目が『20130701mon』という風にはじまるエントリーは、自分の記録のための「日誌」カテゴリになります。あまり面白くないかもしれませんが(笑)さらっと読み流してくださったら幸いです。他のカテゴリもたまに更新します。

2007年07月27日

湯快爽快 湯けむり横町 みさと

久々風呂レポです。オープンしたばかりです。湯快爽快グループなので店内はレトロな街並をイメージした感じ。店内に足湯もあります。1階奥には「ラピスラズリ」というバーデルームもあり、ここは岩盤浴とリラクゼーションのある有料ゾーンになっています。

まずは岩盤浴に入ってみました。女性専用のところに20人くらい入れるようになってるのですが、ひとりもいません(笑)。この他に男女共用のスペースがあります。うつぶせで5分、仰向けで10分で休憩というのを何度か繰り返すのが良いと書いてありましたが、最初に20分入ってみました。汗がたくさん出て来て良い感じ。休憩はクールダウン室と冷凍ルームがあります。冷凍ルームは本当に0度で、なんというか、冷凍室です(笑)。だけど汗だくのカラダに冷気がここち良くて、毛穴もきゅっと閉まってとても良かったです。これを3回繰り返して、酸素バー10分やったら、もう制限時間80分。もうちょっと長くても良かったような。

その後お風呂。お風呂のスペースはそんなに広くないのだけれど、洗い場が独立してあり、内湯は少なめなんですが、内湯と露天の境にある窓を全開にしてあって、そうすると露天のいちばん大きいお風呂と内湯が繋がっているように見えて、ものすごく広々!露天は温泉です。熱い温泉の湯船は、さらに1段高いところにあって、見晴らしが良くなっていてとても気持ちが良いです。信楽焼の壷湯とか庵になっているひのき風呂、寝転がることのできる寝ころび湯なんかもあります。ちなみに私はここで20分ほどマジ寝してしまいました(笑)。サウナももちろん広くて、それに新しいから気持ちの良いこと!

まあ温泉は普通の温泉だけども、ひいき目でもなんでもないですが、この辺のお風呂ではかなり良い感じじゃないでしょうか。露天がとにかくこんなに気持ち良いのは、他には静岡の蓬莱の湯くらいかなあ。どっちも「湯量が豊富」みたいな感じがして、大きいお風呂バンザイ!って感じで気持ちいいです。ユネッサンのところにある森の湯もかなり良いけど、これはまた別格だし…。

私は普段こういうところに行くとほとんどサウナに入りっぱなしなのだけれど、ここは露天が本当に良かったので、わりと外の湯にもたくさん浸かってました。星がたくさん出てる時だったら気持ちいいだろうな〜。

オススメです。ちなみにいちばんのオススメはタイ古式です(笑)。

湯快爽快 湯けむり横町 みさと
http://www.yukaisoukai.com/sat/


-----

なんか昼間っから頭痛いです。耳の角から斜め上に3センチくらいのところが、10分おきくらいにずきずき痛みます。普段頭痛なんか滅多にならないのでけっこうキツいのと、こんなに繰り返して痛くなることがないのでちょっと心配だったりします…。
posted by ちぇり at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

湯けむり横町 おおみや店

久々に風呂レポなど書いてみますが。先日、久々にひとりで新規開拓してきました。同じく大宮に最近できた「むさしの湯」と迷ったのですが、前々から行きたかった方ということで、17号バイパスにあるこちらに。湯快爽快というスーパー銭湯が美浜とか座間の方にあって、そこが評判良くて、その系列が大宮にできたというので、いつ行けるか楽しみにしていたのでした。

行ってみた感想ですが、予想よりもちょっと狭いかなーという感じ。1階が食堂やリラクゼーションルームになっていて、真ん中に足湯もあります(誰も入ってなかったけど)。それで2階がお風呂。和風の昔っぽい作りになっています。

お風呂ですが、露天が温泉になっていて、泉質はこの辺によくある薄茶のナトリウム泉。ちょっと変わってるのは庵湯という、露天のところに小屋みたいなのを作って内湯にしてる感じなのが、ちょっと蒸し風呂っぽくなってて良かったかも。
内湯が沸かし湯で、ジェット風呂とか電気風呂なんかがあります。それとサウナが低温サウナと高温サウナ、背中合わせになっていて、どっちも同じく広くて良い感じでした。私は高温の方が好きなので、もっぱら空いているそっちに入っておりました。

けっこうお客さんも多かったし、評判も良いみたいです。私もまた行ってもいいかなーと思いました。あと、せっかく足湯あるのにもったいないなーとも思うけど、しょっちゅう行く人はわざわざ入らないよね。風呂で充分だわ…。

http://www.yukaisoukai.com/ohm/index.html
posted by ちぇり at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

オフロレポートは

アトピーの症状が出てしまっていて、塩素があまりよろしくない様子なので、しばらくオフロレポートはお休みかなあ。今までに行ったオフロのことをたまに書くかもしれないけど。でもサウナくらい行きたいな…ざんねん。
posted by ちぇり at 23:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

春日部温泉 湯楽の里

先日、26日に近所にまたスーパー銭湯がオープンしたので、早速28日に行って来た。
が、しかし。仕事から帰ってきて「さて行くか」と準備をしていたら、いつも車に乗せてるお風呂セット(シャンプーとか石けんとかを入れてるプラスチックのかご)がない。その前々日に行った、いつものスーパー銭湯に忘れて来たのであった。心当たりありすぎ。忘れ物は1週間保管しておいてくれるので、わざわざ取りに行って、そしてまた反対方面に戻り、ゴハンを食べてから現地に到着したのが23時半。閉店が1時なのでギリギリまで居ることにした。
だけどまあ、結果的にはその方が空いてたと思うし、良かった。この日を逃したらGWになってしまって混んでしまうし、仕事の都合もあってしばらく行けなさそうだったので行って良かった。
で、風呂。駐車場はけっこう広いけど、中はそんなに広くないかな。チケット制ではなく、フロントでキー精算の仕組み。会員などはなし。食堂もリラクゼーションも普通。
浴室の方もわりと普通で、内湯にジェットバスとトルマリン風呂、それとサウナがあって、露天がかけ流しの温泉(源泉と加温とわかれていた)、それと寝ころび湯とか壷湯とか、そんなのなので特にインパクトはないんだけど、温泉の泉質がすごいインパクトだった。表示を見たら…というか、見なくてもナトリウム泉なんだけど、鉄分がすっごい。オープンしてまだ3日目だというのに、周囲の岩とかがオレンジ色になっちゃってる。鉄の匂いもするし、タオル洗ったりしたら赤く染まるんじゃないか?ってなくらいで。余計なお世話だけど、あれは配管なんかの劣化がすごいだろうなあと思う。
源泉を顔にぱしゃぱしゃ当てているおばさんもいたけれど、見てて「うーん、大丈夫なんだろうか」と思った。それに看板には「お風呂からあがる時は温泉を洗い流さないようにした方が良いです」とかそんなことを書いてあるんだけど、それは本当なんだろうか…。私はあまり良くないような気がして、温泉の後に体を洗って、トルマリン風呂に入ってきたよ(苦笑)。
…と、まあ、そんな感じの温泉でした。GW明けたらけっこう空くのではないかと思う。まあ近いし、寝ころびたい時には行くかも。
posted by ちぇり at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

極楽湯 幸手店

こちらは我が家から車で30分くらい。スーパー銭湯が流行りはじめた頃からあるような気がするけど、でも行ったのは昨夜が初めてでした。
まあ極楽湯だし…と、あまり期待しないで行ったのだけれど、これが意外と良かった。作りが変わってて、ちょっと慣れるまでは迷路みたいに感じる。(仙台泉店はこれを発展させたのではないかと思う)
お風呂はほとんどが露天で、内湯はひとつのみ。サウナは外からも内からも入れるタワーサウナ。露天に檜風呂とか岩風呂、釜風呂(男湯)、ジェットバスなどがある。ここは温泉を掘っているので、ジェットバス以外は温泉(ナトリウム泉)。
私は半分くらいサウナに入っていたけれど、露天のあつ湯がけっこう良いなあと思った。外に水風呂があるのもなかなか良いんだけど、ここは入口が少し狭くて不便かも。
難点は、うーん、段差が多いこと。
それと、まあこれは別に良いんだけど、入浴剤系の風呂もあってもよかったかなと。
それよりも女湯にも釜蒸し風呂欲しいな。あと、中庭に足湯を作ったらいいかもね。
食堂は普通に居酒屋風メニューとか。座席の感じは落ち着いてて良かった。

また近いから行こうっと。
posted by ちぇり at 01:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

稲取 やまだ荘

うちのだんなさんがダーツのチームに所属しているのですが、そのメンバー4組の夫婦で一緒に旅行に行ってきました。ここは4組中3組が去年結婚したという、めでたいチームでして(笑)。
それで幹事をやってくれた子が選んだのが、稲取の『やまだ荘』というホテルだったんだけれど、実はこのホテル、1年2ヶ月前に私が職場のみんなと、女11人で行った宿だったのであった。伊豆とは言っても数ある中でなぜここになったのかは疑問ですが…。でも、ここの宿は食事がほんっっっっとにおいしかったので、同じところでも大歓迎だったのでありました。
途中、ワイナリーに寄ったりしつつ、夕方前に稲取到着。夕飯の前に貸し切り露天を予約していたので、大浴場に入ってから屋上の露天風呂へ。前に行った時はひとつしか露天がなかったのだけれど、今回はふたつに増えていて、男性陣、女性陣と別れて入ったのでした。女性チームの入ったのは新しい方。狭いと言われていたけれど、湯船が丸い檜のと小さい陶器のがふたつあって、女4人だったら充分。だんだん暗くなっていく空に輝く星と、目の前の港の明かりを見ながらのんびり温泉に浸かったらすっかり暖まりました。
お料理もやっぱり断然おいしくて、お正月料金だったからちょっと豪華(伊勢エビひとり1匹付き)で、みんな大満足。夜も部屋でお酒飲んで、風呂入って、女の子たちは「家のことしないでいいのが最高」と主婦みたいな発言をして、ゆっくり眠れました。
そして朝ご飯もここはすごい。普通の旅館の朝ご飯よりもずっと贅沢だしおいしいしで、朝も満腹になって宿を後にしました。
帰りは伊豆のバイオパークに寄ってサファリバスに乗ったり、遊園地行ったりして、昼食もおいしいもの食べてゆっくり帰宅。みんなで車で行ったから楽チン。正月から旅行に行くなんて贅沢だなあ。うーん。
posted by ちぇり at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正月の風呂

もう随分遅くなったネタですが…
正月3が日、違う風呂に行ってきたのでそれだけ書きます。

■元旦 七光台温泉
比較的空いてるかなあと思ったのと、あとは温泉に入りたかったので行きました。まあ正月にしては比較的空いていて(入れる…という程度)良かったのですが、前に行った時より、なんだか印象が良かったような。蒸し風呂がいいかなー。露天も良かったし。
■2日 越谷健美の湯
実家の帰りに行く。ちょっと時間が遅かったからか、まあ入れた。いつもの風呂なので特に変わりなし。あけましておめでとうございますと挨拶する。
■3日 越谷ゆの華
なんと、だんなさんのお母さんとふたりで行った(まあ、しょっちゅう風呂で会ってたから、別に驚くことはないんだけど)。最初は健美に行ってみたんだけど、順番待ちが出るくらい混んでいたのでとっとと移動した。この日、女子は2階の風呂で、どっちかというと1階の風呂の方が好きだからちょっと残念。ひたすらサウナに入っていた。最後に露天にしばらく浸かって早めに退散。ここの温泉はけっこう好き。ぬるぬるで。
posted by ちぇり at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

渋く温泉三昧

さて、結婚式を終わってすぐに仕事に復帰するのも寂しい…ってことで、とりあえず11/8から2泊で温泉に行ってきました。いい天気でドライブ日和。紅葉もすごいきれいでした。

『奥利根/木ノ根沢温泉、湯の小屋温泉』

奥利根というのは水上のずっと奥の方、ひと山越えたら地震で大変なことになっている地域。予約した時はそんなこと考えてなかったんだけど、やっぱり本震の時は、山鳴りがしたそうで、行った日にも私たちが到着する前に大きな余震があったのでした。ちょっと怖かったけど、私たちのいる時は大丈夫だった。
で、こちらは「龍洞」という宿に泊まりました。龍洞に貸し切り温泉が14ヶ所、すぐ隣の「別邸りゅう花」という宿に貸し切り温泉が7ヶ所、合計21もある温泉がすべて貸し切りし放題というのがウリ。男性のみのグループや、子供連れの人は泊まれません。周りにはお店なんかも全然ないので、1泊3食付き、食べ物なんかの持ち込みも自由という宿です。
移動するたびに着替えないといけないのが少々めんどくさかったけど(バスローブもって行くといいかも)、宿泊者も少なくて、好きなだけ温泉に入れました。夜になると真っ暗になるので、カンテラを持って歩いて温泉に入ります。
小さな湯船のお風呂から、20人も入れる大きなお風呂まで貸し切りにできるのですが、やっぱり大きなお風呂が人気でした。私たちも夜になってから大きなお風呂に入ったのですが、ものすごーく星がきれいで、ごろんと寝転がることのできる岩の上で、お湯につかりながら星を眺めていました。もう最高。泉質としてはそう珍しい感じもなかったんだけれど、湯船によって熱かったりぬるめだったり色々で、それはそれで良かったかなあと。あとは川側と山側があったんだけれど、川の方が爽快で断然良かった!向かいの道路からよく見えるけど…。
少々お値段は張るお宿ですが、お料理もまあまあだし、お風呂もたくさん入れるしで、カップルにはすごくオススメです。念願の流れ星もすぐに見れたし。

http://www4.ocn.ne.jp/〜ryuudou/

『花敷温泉』

そして翌日、浅間山方面に向かって90kmほど移動して行ったのが、この花敷温泉。小さな盆地の中にあって、秘湯っぽい感じ。泊まったのは「囲炉裏の御宿 花敷の湯」。ここは名前の通り、囲炉裏を囲んで夕飯を食べられるというので、それに惹かれて決めました。昔の田舎の宿という感じで、行くとお抹茶とお菓子を出してくれたりして、心配りがとても良かったです。
温泉は男女別の内湯と、貸し切り露天がひとつ。湯量がすごく豊富みたいで、ものすごい勢いでかけ流しでした。少し硫黄の香りのする透明なお湯で、すごく暖まります。
そして夕飯はバスで少しだけ移動して、別館のようになっているところで、囲炉裏!ここの雰囲気がすごく素敵で、お料理はめちゃめちゃおいしくて、大満足でした。囲炉裏ってことで日本酒飲んでみたり。ここは大人数で来ると楽しいかもなあ。
帰って来て、やはり満点の星空を少しだけ見上げたら、昨日に続いてゆっくりめの流れ星をひとつ見ました。

http://www.aquatree.net/hanasiki/

『尻焼温泉』

そして翌朝、もういちど露天に入ってチェックアウトした後で、ここのすぐ近くにある尻焼温泉に行きました。ここは天然の川を塞き止めて、川の底から温泉が出ているというすごいお風呂で、すごく行ってみたい温泉だったのでした。
車を停めて川に行くと、先客がおふたり。川の端で服を脱いで、水着になって川に入ると、あったかい〜。すぐ上からは川の水が流れ込んできているのに、底からの温泉だけで充分なのね。
川だから深さもまちまちで、泳いだり、底の石をぴょんぴょん飛んだり、底から出て来ているお湯にお尻を当てたり(これがこの名前の由来、痔に効くらしいですが)、なんだかんだと1時間以上浸かっていました。
川の脇には少し囲いがあって公衆浴場になっているところがあって、ここは水着不可。誰もいなかったので、最後はここに浸かってきました。源泉の出ているところに、湯のみがふたつあったので「飲めるんかいな」と思い切って飲泉してみたら、飲んでみてはじめて硫黄の香りに気付きました。あんまりおいしいものでもなかったけど、まずくもなく。
尻焼温泉はホントに気に入ってしまって、ここがうちの近くだったらなあと切に思ってみましたが、我が家の裏の川を塞き止めて温泉にしても、とても入れないよなあ…。うーん。

北海道のたしか知床の方には滝が温泉になってるところがあるそうで、こういうところに来ると、ぜひその滝にも行ってみたくなってしまいます。温泉の滝登り。

http://www.aquatree.net/siriyaki/

『草津温泉/西の河原大露天風呂』

そして白根山を山頂の方までドライブして、草津に行くことにしました。初草津!にせものは良く入ってたけど。しかし、2日間秘境にいたので、草津に行ったらやっと人の多い町に出て来たという感じ(笑)。
有名な西の河原大露天風呂、散歩がてらちょっと見てみるかと思って行ったら、やっぱり入って行くかということになって、ちょっとだけ浸かってきました。ここは草津の湯の花のない、緑っぽいお湯。ほんとに広くて、ちょうどお昼頃だったから開放的で気持ちよかった。奥の方に行くと熱くて良かったなあ。500円はちょっと高いかと思ったけど、まあお風呂の維持費と思えば仕方ないかな。

http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/roten/

『草津温泉/白旗の湯』

まだまだ入るか、って感じですが、記念に湯畑付近のお風呂にも入ってきました。せっかく草津に来たんだから、白いお湯に入らないと。(でもここの源泉は湯畑とは別のところらしいんだけど)
ここは公衆浴場で、無料。入ったら地元のおばさんが3人ほど入浴していた。仕切りのある小さな湯船がひとつあるだけの小さなお風呂で、風情満点。お湯が熱いので、かけ湯してから何分か浸かっただけで、すっかり暖まってしまい、足だけ浸かっていたら、そのおばさんに「お姉さん、足だけでものぼせるから、体全部出して涼まないとダメだよ」と怒られた(笑)。寒くなったらまた少し浸かるのが良いそうです。そのおばさんは毎日来てるようで、すごい勢いで色んな人に注意してて、かなり面白い。
私が怒られたのはまだまだあって、「タオル下に置いたらダメだよ!汚いんだから!」で、洗おうと湯船からお湯をすくったら「湯船からじゃなくて新しいお湯で洗いな!」と言われ、そして出る時には「そこ(マット)踏むな!」と言われたのを「踏みな!」と言われたのと間違って踏んだら、「ダメだって言ってんだろ!水虫うつるから!」と言われて、また足をきれいなお湯で洗うはめに(笑)。
最後にも「出たら水いっぱい飲まないとダメだよ!」と〆までありました。
他の人にも「こっちの湯船は熱いからダメ」とか「ちゃんと拭いて出ろ」とか色々言っていて、「ああ、名物おばさん」と妙に感心してしまいました。ここまで徹底してやってくれると、むかついたりしないのが面白い。女の人はぜひ行って、おばさんのトークを聞いてきてください。無料だし。
ここはまあ白いお湯だからってのもあるけど、今回の中ではいちばん温泉らしい温泉だったかなあ。

http://www.ad.cyberhome.ne.jp/〜mee/kanto/kusatsu02.htm (2つ目)

ってな感じで、ホントに温泉三昧の2泊でした。帰りは浅間山〜軽井沢方面から帰ってきて、愛車ニコちゃんの走った距離は500キロオーバー。私は山道で酔ってしまうので自分で運転することにしていたのと、あとは彼が西の河原で湯あたりしてしまったようで、しかもビール飲んでたし、帰りも私だけで、けっきょく半分以上は私が運転してました。

ま、とにかく、どこもかしこもいいお湯でした。
posted by ちぇり at 00:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

大谷田温泉 明神の湯

雑誌か何かで最近できたというのを見ていて、ちょうど近くに行く用事があったので行ってきました。首都高の加平インターの近くにあります。平日だったからかわりと空いていた感じ。
全体的に和風の作りになっていますが、かなり徹底して和風かなあという感じ。シャワーは昔風のが固定式(使いにくい)、カランも椅子も桶も木でできているし、浴室内全体は暗い!すごく暗い!けど、これはなかなかいい風情を出していて良かったかも。箱根ユネッサンのところの、森の湯だっけか?あそこも暗かったけど、そんな感じで、必要最低限の明かりという感じです。
温泉は内湯に使用されていて、やはり都内で出てくるナトリウム泉。熱いのとぬるいのと湯船が別れています。蒸し風呂にも温泉が使用されているようです。それと内湯に高見の湯というのがあって、これは普通露天にあるべきなんじゃないか…と思いますが、まあ中にありました。
露天の方は岩風呂がやはり熱いのとぬるいのに別れていて、少し寝湯みたいのもあって、それと、小さい家族サイズの檜風呂。あとは人肌の湯というのがあって、こちらには日替わりで薬草が入っています。冬はちょっと寒いかなあ。
遠赤外線の普通のサウナもありますが、ここはまあまあ広くて、あとは私と合っていたのか、たくさん汗が出てほどよい温度でした。
サウナが良かったのと、あとは暗くて良い感じだったのでまあまあと言った感じでしょうか。またそのうち行くかも。

大谷田温泉 明神の湯 http://www.dormy-spa.com/
posted by ちぇり at 08:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

天然温泉極楽湯/仙台泉店

先日、3日間ヘルプに行ってきた施設です。全国展開の極楽湯、仙台周辺には4店舗かな?それくらいあって、その中でいちばん新しい、7月にオープンしたばかりのお風呂でございます。

ここは普通の極楽湯とは少し違っています。最初の入館時だけはチケット制で、食事やマッサージ等の他の会計は、ロッカーキーでまとめて精算という方式になっており、スーパー銭湯よりは少し格上な感じにしてあります。料金も100円高いし(だけど650円)。内装は文句なしにきれい。入館すると、まず左側に広いレストランがあり、廊下を歩いて行くと右側には露天の足湯があります。そして足裏マッサージを見て曲がって、右にエステ、左にタイ式という感じでひととおり見ながら行くと、突き当たりにボディケア、右側にやっと浴室が出てきます。直進してお風呂に行けないところが、大きな屋敷を歩いてるみたいで面白い。

そして肝心のお風呂ですが、これも良かった。内湯の奥に露天風呂があって、すごく開放感があります。内湯の瀑流風呂ってのはものすごい水圧。おばあさんとかは、骨折れるんじゃないかって心配しちゃうくらい(笑)。でも便秘に効きそう。それと、露天にあった座り湯の角度が絶妙で良かった。お尻と足だけお湯に浸かっていい感じ。温泉は塩味で、わりと普通な感じでした。それとサウナが3種類。普通の極楽湯ではヒーリングサウナという形式で置かれている低温サウナが、ここでは男女それぞれにあって、裸で入り放題、寝放題。それと中温サウナというのがあって、ここは壁が黄土でミネラル豊富、なのですごくすがすがしい感じがする。わりと汗も出るし。タワーサウナもひろびろ。

ビールのつまみのだだちゃ豆もおいしかった。(時間なくて風呂の前に飲まなきゃならないのが残念だったけど)

…って、働きに行ったんじゃないのか?って話だけど、ちゃんと働いてました。帰る前日の夜、やっとお風呂に入るだけの時間だけはできたのです。でも、ものすごく働かされたけど、ここだったら本気で異動してきても良いと思った。良いお客さんに恵まれた、すごく素敵な施設でした。また行きたいなあ。

現在朝6時半、まだ仕事中。仙台ならこんな時間まで働くことないしさ(笑)
posted by ちぇり at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月30日

越谷健美の湯

花火行った帰りにお風呂に寄りました。ここが私の『いつものお風呂』。スーパー銭湯、平日は500円。オープンして1年8ヶ月経ちましたが、それ以来、たぶん我が家の風呂よりもこっちの風呂に入る方が多いんじゃないかってくらい、ここのお風呂に入っています。オープン当初は私がここで足裏マッサージをしていて、それが理由のひとつでもあるんだけれど、とにかく私はここのお風呂が大好き。近いという理由もあるけど、近いだけならもっと近いところがあるし(今ヘルプに行っているところ)。
すべてのお風呂は機能的で必要十分な大きさだし、サウナも広々。塩サウナやスチームサウナ(女性のみ)もある。毎週色と香りの変わるイベント風呂もある。それと露天には草津の湯…だったのが、今週になってから別府の湯になったというお風呂が。まあ硫黄の香りがして白く濁っているというのはどちらも同じなので、草津だろうが別府だろうが区別は付かないんだけど(笑)。どうやら白骨温泉も草津のお湯の素を入れてたみたいじゃないですか。まあ、それはともかく、私は普通のお湯じゃない、色のついた風呂があれば、それで1ポイントつける人なので、なんでもいいんですわ。
まあとにかく、最近多い、外装だけにお金をかけてる風呂より、すごく良いです。働いてる子も知ってる人が多いけど、若い子が多くて活気があります。(やっぱりおばさんばっかり働いてるところは、ちょっと雰囲気が暗いです)
朝行く時も夜行く時もあるけど、最近は昼間行くと、露天風呂で10分くらいづつ日焼けしています。焼けすぎなくていいでしょ(笑)。
posted by ちぇり at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月17日

七光台温泉(と、東武スーパープール)

木曜日、いつものようにお休みで、朝起きたらすばらしい夏っぷりだったので、急遽プールに行くことにした。近所のしらこばと水上公園がもうオープンしてるはずだったので行ってみたら、子供メインの施設のため、まだ土日しか営業しておらず、仕方なく東武動物公園のプールに行くことにしたのでありました。でも、行ったは良いものの、泳ぎはじめて1時間弱たったところですごい雷雨。「晴れるのかなあ。このまま新潟みたいに大雨になったらどうしよう」と不安になりつつも、しばらく待っていたら晴れてきたので、閉店ぎりぎりまで泳いできました。急流すべりがめちゃめちゃスリリング。しかし、去年に比べて10キロ近く太ったこの体で、よくもまあプールに行く気になったもんだと我ながら感心するわ…。

で、帰りに野田まで足を伸ばして、先日出来たばかりという七光台温泉に行ってみた。ロックタウンという、でっかい郊外型ショッピングセンター(ここ自体が新しい)の中にあるんだけど、こんなのできたの全然知らなかった。まあなんにせよ、風呂がたくさんできるのは良いことである。最近の野田はすっかり風呂激戦区になってしまったね。前からある野田の湯はここのすぐ近くだし。
名前のとおりここは温泉で、泉質は色はほとんどなし、塩辛かったからナトリウム系の、まあこの辺でがんばって掘ると出てくる普通の温泉。施設的には最近よくあるこぎれいな和モダンタイプのお風呂で特に珍しいというほどのこともなく…。湯楽の里にちょっと似ていたような。マッサージ系は足裏とボディケア、あとは頭皮ケアがあったけど、アカスリがなかったのでちょっと驚いた。こすってもらおうかと思ってたのに(笑)。けっこう気に入ったのは漢方のスチームサウナ。西洋ハーブとかアロマ系のサウナはよく見るけど、漢方のハーブは風呂になっているところが多いので新鮮だったかな。まあ平日だから空いていてサウナも広々と使えたからいいけど、土日はショッピングセンターのおかげでかなり混むのではないかと思います。
…ってな感じで、最近の和モダン系風呂があまり好きではない私は「あら、そうなのね」って感じで帰って参りました。
posted by ちぇり at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

光泉の森

この前の木曜日はお休みで、用事を済ませたあと、久喜まで出て、光泉の森へ行くことに。噂では入館も少ないみたいだし、あまり良くないのかな?と躊躇していたんだけど「すごく良いわよ」という話を聞いたので行くことにした。しかし前日まではオープニング記念で半額だったというのが悔しいところだけれど、まあ仕方ない。今まで行けなかったんだもの。

以前から噂には聞いていたんだけれど、ここはお風呂というよりはサウナ。ラクーアのヒーリングバーデ方式で、専用の浴衣を着て入る、男女共用の低温サウナがメインという、ちょっと変わった温浴施設です。ラクーアのパクリと言ってしまえば聞こえは悪いし、社長はラクーアよりも良いと自負しているらしいけど、まあそんなところです。

火輪室という大きな遠赤外線サウナがあって、ここは40度から60度の低温になっていて、そこで適当に寝転がったりテレビを見たり本を読んだりしていると、その間に無理なく汗をかいているという感じです。しかし、ものすごく広い。350坪もあって、どうやら日本一らしい。人もいないからめちゃめちゃ広く感じます(笑)。

壁に大きな鉄の扉みたいのが3つあって(火葬場の焼き機みたいなの…)、これはなんぞやと思っていたら、レンガ状の麦飯石を積み上げて熱したものが、3時間おきにここからどどーんと出てくる。暑い方が好きな人はそこに近づいたりすればいいし、あとは調子の悪いところをそっちに向けて寝転がったりすると良いのだそうで。そしてこの火輪室の隅には、別の小部屋がいくつかあって、ひとつは汗をひかせるための冷風室、あとのふたつは少し温度の低めのサウナで、片方は女性専用、もう片方にはトレーニング器具がいくつか置いてあって、そこで自転車こいだり走ったり腹筋したりできるようになっています。

私はすっかりここが気に入ってしまって、行ってまもなくの時に麦飯石がどーんと出てくるイベントがあって、それからテレビを見たり運動したりしてぼけぼけと過ごしているうちに、次の石まで出てきてしまって、イコール3時間もここに居座ってしまい、いい加減出るかって感じで出てきました。近々、この中でのヨガ教室も始まるそうです。教える方は大変だと思うけど、体も柔らかくなってるだろうし、すごく効きそう。そのうち参加してみたいところです。

もちろん汗を流す用に普通の浴室も男女別であるんだけれど、こちらは3種類しかなくて、お風呂メインで来る人には少し物足りないかもという感じでした。私はサウナ好きだから問題なし。

エステやマッサージもひととおりそろっていて、珍しいのは足圧マッサージ(ふみつけられるやつ)と、エステのメニューにはバリ式とか、あとはタイのハーブマッサージとオイルを組み合わせたのなんかもありました。高いからやらなかったけど。ネイルサロンもあったなあ。

レストランは馬車道系列の居酒屋が入っていて、ここは個室になっていて、インテリアも和モダンできれいだし、お料理もおいしくて、非常に良かったです。

温浴激戦区の久喜にあって、ちと料金が高め(1800円だったかな)なのと、あとはお風呂が少ないので子供が楽しめない点が、多分入館数の少ない理由だと思うのですが、でも私はすごく気に入りました。ラクーアは混んでてこんなにゆっくりできないし。もうちょっと近くにあれば会員になって、休みの日はいつもここに何時間も居座ってしまうことでしょう。

また行きたいと思うので、あと何年かはつぶれないようにがんばって欲しい施設です。
posted by ちぇり at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月27日

保木間の湯 じゃぽん

24日のお休み、車で初台に行って指輪を見せてもらったり、ちと用事があったので職場に寄ったりした後、それじゃ風呂でも、ということで、帰り道に行けるじゃぽんに行ってきました。初めて。住宅街の真ん中にあるのでまず驚く。飾りの煙突があったり、壁の色がかわいかったりしていい感じ。

お風呂はエアロビクス風呂?とか、よくわからない風呂があったり、あとは普通のジェットバスやら普通のサウナやら塩サウナやら。そして注目は露天風呂。女子の方は岩風呂になっていて、壁からちょろっと打たせ湯みたいな感じで滝になっています。で、私が普通に浸かっていたら、おばさんが「温泉出てくるわよ」と声をかけてきて、しばらくは何事かわからずにぽけっとしていたら、何人か人が集まってきたので、私も近寄って聞いてみたら、そこの滝のところから源泉がたまに出てくるとのことでした。通常はお湯(循環)なんだけれど、源泉が出てくる時は量が多くなって、塩辛くてぬるい湯が出てきます。そこにみんなが集まって、自分の体やら顔やらにかけているという変な状況(笑)。その変な状況がほほえましくて、けっこう気に入ってしまいました。だって、源泉だからってそんなに良いような感じしないし(笑)。いわば都会の地下水だしさあ。まあ、私も喜んでちゃぷちゃぷしてたけど。
どうやらこの源泉は男湯にはないようで(滝がないそうです)、その代わりにイベント湯と檜風呂があるそうです。

ここはできてからけっこう経っているし、そんなに目新しい感じでもないけれど、このイベントを体験してみるのはおもしろいかもね。女性限定。
posted by ちぇり at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月21日

スパ・ラクーア

昨日、リエートの練習が終わってから、電車に乗って、久しぶりに(お客さんとして)ラクーアへ。着いたのはもう23時過ぎで、ただ風呂に入るためだけに行ったわけではもちろんなくて、ラクーアに泊まって、翌朝(=今日の朝)、遅番あけのスタッフの子と一緒に、築地へ行くという目的のためでありました。
スパ・ラクーアでいちばんの売りが、ヒーリングバーデという低温サウナゾーンなのだけれど、ここは23時には閉まってしまいます。理由はおそらく、その低温サウナで朝まで熟睡してしまう人が絶対に出てきてしまうから。いくら低温とはいえ、それは非常に危ない。うっかりしてると死んじゃう人続出だから(笑)、深夜は営業していないんだと思います。まあ私もここのサウナが大好きで、ここの4種類のサウナはすべて、専用の服を着てごろんと横になっていると、じんわりと暖まってきて、気づいたら全身汗だくになっているという、苦しくなく、かつ爽快なサウナなのです(私は高温のサウナも好きだけれど)。
で、今回は時間が遅くてこのバーデは利用できないし、朝早く起きなければいけないので、ちゃちゃっと温泉と高温サウナで暖まって(お風呂ゾーンはやっぱりきれいで、そこそこの設備が整っていて、温泉は塩からくて面白いので、私的にもまあまあです)、ビールを飲んで、24時すぎに女性専用仮眠スペースに変身したヒーリングバーデで寝たのですが、やっぱりまだ余熱で暑かったり、周りのささいな音が気になったりで、結局2時間そこそこしか眠れませんでした。まあ予想してたから仕方ないんだけども。朝も目を覚ますためにちょっとお風呂に入りました。
で、5時すぎに4人で集合して、大江戸線に乗って、築地市場まで。大エビのフライが自慢のおじさんの店へ行くことに。私は異動しちゃう子のお別れ会と思っていたんだけど、乾杯の音頭は「誕生日おめでとー!」でした。花束までもらっちゃって嬉し。さんざん飲んで(←飲むな)食って、それでも安くて大満足。その後、場外の喫茶店でコーヒー飲んで、昼ご飯用におにぎりを買って、再度ラクーアに向かって、なんと私はお仕事。寝ちゃうかと思ったけどなんとか起きていられて、良かったわ(笑)。久々に常連さんを120分揉んだんだけど「日本にいるタイ人よりあなたの方がずっと上手だよ」とお褒めいただいてご機嫌な日でした。
ってことで、この前、土曜日に31歳になっちまいました。迫力あるよねえ。でも、ヘルプ先でもケーキでお祝いしてもらってしまったし、今年はたくさんの人に誕生日のお祝いしてもらっちゃってホントに嬉し♪

あ、ちなみにラクーアは、ホントは真っ昼間に来て、7〜8時間居るのがいちばん楽しめる方法だと思います。バーデでくつろいで、タイ式マッサージ受けて、ご飯食べて、映画見て、って何でもできます。まあ、お金も使うけど(笑)
posted by ちぇり at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月13日

お風呂の王様/志木店

このまえ、はじめてお風呂の王様(志木店)に行きましたよ。前から行きたかったところだったんだけど、かなり私好みのお風呂でした。
気に入ったのは「不感温度風呂」という、まさにその名の通りの体温に近い温度のお風呂で、サウナとかお風呂でのぼせた体にちょうどよいです。ヒーリングサウナも当然あり、私の好きな超音波の細かい泡の白いお湯の風呂もある。遠赤外線サウナもまあそこそこ広い。あと、洞窟風呂とか寝ころびのお風呂まであって、本当にとても気に入りました。
もうちょっと近所にできればいいのになあ。
posted by ちぇり at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フロレポについて

このカテゴリは、私の行ったお風呂のことを好き勝手書くつもりですが、私の好みのみで判断して書いているもので、あまりいろんな参考になりませんのでご注意ください。住所とか設備に関してとか、そういうのも書きませんので。

ちなみに私の好きな風呂の基準
■ サウナ(遠赤外線の高温風呂)が広くてきれい
■ お湯が白湯だけではない(入浴剤でもよい)
■ 値段に見合っている
■ 温泉の場合はお肌に良いものが望ましい
■ ちょっとかわったお風呂(サウナ)がある

などです。
posted by ちぇり at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 風呂レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
08sgbn02l.gif