★ 一行目が『20130701mon』という風にはじまるエントリーは、自分の記録のための「日誌」カテゴリになります。あまり面白くないかもしれませんが(笑)さらっと読み流してくださったら幸いです。他のカテゴリもたまに更新します。

2011年11月23日

七五三

今日は我が家もようやく七五三のお参りに行ってきました。回りはほとんど去年済ませていたけど、うちは早生まれなので今年にしました。何日か前の予報ではお天気も心配でしたが、起きてみたら良い天気で、神社に行くのにちょうどいい清々しい日で良かった。写真は先日、友人の旦那さんに近所の庭園で撮ってもらっていたので、あとはお参りだけでいいかなということで、スーツ着せていつもの神社にお参りに。着物も豪華なお食事もなしで簡単に済ませました。どっちも本人望んでないし、それで充分。

あとは普通のお休みの日と同じように、レイクタウンに遊びに行って、夕方お風呂に行ってごはんも食べてという感じでした。小学校に入学して落ち着くまでは、しばらく色んなイベントが続くなぁ。

来週はもう12月になるのに気づいて、ということは、もう学童保育の手続きがはじまるというのにたった今驚いてみたのでした。次のクルマをどうするかも考えないといけない(3月の車検を通さない予定)。あとは今親子で別姓なので(9月に離婚してそのまま)そっちの手続きもしなくちゃいけないのであった。
posted by ちぇり at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

お風呂クレヨン

この前のブログの最後の台詞に「骨盤」というのを追加しました(笑)。
「断食と有酸素運動と骨盤」で大体解決します。オマケの小道具が風呂です。

-----

昨日、祐貴にお風呂用のクレヨンを買ってあげてみた。NHK「みいつけた」のキャラクターのついたクレヨン。風呂でできる塗り絵付き。ホントはポケモンが良いと言ってたんだけど、売ってなかったのでこっちで。でも「いいじゃんいいじゃん」と喜んでいた。

祐貴があんまり風邪をひかなかったり病気をもらってきたりしない秘訣は「長風呂」であると私は思っているんだけども、最近テレビが見たいようで、風呂に入っても寒いのにとっとと出たがる。なので「もうちょっと入っててくれないかな」と思って、なんとなくクレヨンどうかなと思いついたのでした。曇った壁に指とか棒で絵を描いてたから。ちなみに絵はすごく下手です(笑)。

で、このクレヨンを買ってみたら、これがすごく嬉しかったみたいで、ひとりで先にお風呂に入って、私が出てからもずっと遊んでいた。普通じゃ叱られるような壁に書いたりできるのが嬉しいみたい。あとは水で薄められるから色を混ぜて遊べるのとかも良いみたい。私としては風呂で字の練習とかもさせられるのがいいかなとも思ったのでした。立って書いてるから足湯状態だけど、それでも充分あたたまるから、絶対に湯船には長く入っていた方がいいと思う。

まあ、すぐに掃除しとかないと壁に色ついたりするっぽいけど、まあそれくらいは仕方ないかな。

-----

そんなわけで祐貴は来年から小学生。先月就学前健診に行ってきました。うちの小学校は今のところ120人予定で4クラス編成になるそう。住宅街だから多いねー。この小学校は私が小学生の頃にはなかった学校で、平成になってすぐに新設されました。私の行っていた学校のお隣さんという感じです。ランドセルも先日予約完了。1月半ばに引き取り予定。

色んな人に「最近大きくなったねー」とよく言われる。体重が20キロになって、下の前歯も2本抜けた。多分背も同じようなタイミングで伸びてきたので、いきなり大きくなったように見えるみたいです。

小学校かぁ、と思うとしみじみしてしまうけど、まあそんなこんなで祐貴も変化しています。はやい、はやい。
posted by ちぇり at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

登園自粛

いま保育園ではインフルエンザが徐々に流行って来て、今週水曜日から土曜日まで「登園自粛期間」となりました。休める人はできるだけ休むようにという感じです。それと、毎朝晩、熱を計って用紙に記入して提出、ちょっとでも風邪っぽい兆候があればお迎えコール、子供達はマスク着用(もちろん先生も)ということになっています。

祐貴はインフルエンザに罹ったことがありません。ちなみに私も一度もない。一昨年までは私も祐貴も予防接種してたけれども、去年からなんか意味ないような気がしてきて、翌日だるくなるし、それにお金かかるのに腹が立つし、もう受けないことにしたのでした。

ちょっと前に保育園の女の子ふたりのママとちょっと話す機会があって「なんかうちの祐貴はちょっと病気になってもひどくならずにすぐ治っちゃうし、インフルエンザもなったことないんだよねえ」という話をしてたら「いいよねえ。なんか気をつけてることとかある?」と聞かれた。そして「うーん、あえて言えば長風呂?」と答えたのでした。だって他に全然思い浮かぶことがない。最近は偏食もひどくなってるから野菜なんかほとんど食べないし、ごまかして無理矢理食べさせる努力をするような私ではないし、お菓子だってジュースだって制限してない。スイミングは行ってるけどまだそんなに運動量があるわけでもないから関係なさそうだし。

だけど風呂だけはけっこう入ってる。私自身がゆっくり入りたいのもあって、生まれて1ヶ月すぎて一緒に湯船に入るようになってから、すでにのんびり入っていた。祐貴が歩いて勝手に遊ぶようになって以降の4年間は、湯船で足湯の状態で好きに遊ばせて、私は私でのんびりして、なんだかんだと毎日40分とか1時間くらい入ってる。夏も冬も必ず。スーパー銭湯とか行くと2時間くらい平気で入るし、これは多分4歳男児にしては長い方なんじゃなかろうか。

ポイントは足湯状態というところで、肩まで浸かってたら長く入れないし、家ではとりあえず膝まで入ってて、最後に全身暖めたら十分かなと。露天風呂の時は寒いから、たまに「お尻まで入って」と言って腰まで暖めるようにする。なんか、これを継続してるってことが意外と身体をあっためてて免疫あがっていいんじゃないかとここ1年くらいずっと考えてた。

あとは、私が妊娠前から、香料や着色料が毛穴から入ってくる(経皮毒って言うのかな?)のがイヤで、そういうのが入ってない石けんで全身を洗ってる(頭も顔も同じ安い石けんです。無添加以外はこだわりなし)というのもあって、祐貴ももちろん洗うのは石けん。しかも祐貴はちょっとアトピー気味なのもあって、皮膚を守るためにあんまり石けんで洗わないようにしてるのでした。頭も身体も週に1度くらいしか石けんでは洗わない。まあ、お尻とかチンチンは石けん使うし、もちろんお湯では頭から全身洗うんだけども。

それと風呂についてずっと私が思っていたのは「熱があるときに風呂入るのはダメって言うけど、ホントは入ってあっためた方がいいんじゃないか」ということで、祐貴が何度か熱を出した時や、自分がまれに熱が出た時にも風呂に入っていたのでした。私はあんまり熱を出したことがないので、参考にならないかもしれないけど…。

で、こんな入浴法については、野口先生が「風邪の効用」ですっごく納得できることを書いていた。文庫版の91ページから。

入浴というのは体を刺激して体のはたらきを亢め(たかめ)、また毒素を排泄させるようなはたらきを持っているのですから、むしろ体に異常のある時に入る必要がある。異常のない時は風呂に入るなどということは余分なことなのです。けれども体の運動として、或は子供のうちは運動の不足している分を代償する意味では非常によい。大人は洗濯のつもりで入るらしいのですが、体は丁寧に洗濯すればするほど、皮膚の排泄力というものは弱くなってきます。


とのことで、この先にも吹き出してしまうような面白い文章が続くわけですが、その「異常のある時」の入り方としては、

●熱のあるときにはいつもより熱いお湯にパッと入って短い時間で出る。そしてさらにできればその後に湯船の中に立って、体は拭いて足湯をする

というのと

●中毒なんかで毒を出すときはぬるいお湯に入ってそこからじんじんと温度をあげていく(自分がごぼうになって灰汁抜きをされてるように)

というのが書いてあります。まあ、ホントはもっとちゃんと読むと色々書いてあるんだけれども(私は面白くてここばっかり何度も読んでしまった)、風邪は風呂に入って治すものということが書いてあって「あー!やっぱり!ずっと考えてた通り!」と思ったのでした。子供の体は石けんで洗うべきじゃないってのも書いてあるしね。

まあ、何にせよ、湯船にはじっくり浸かった方がいい。これは確実だと私は思うよ。風呂は洗濯じゃなくてあったまるためのところだと。

そんなこんなで、知識としていろんなところから仕入れたものも重要ではあるけれど、なんとなく自分が「この方がいいんじゃないかなー」と思ったことは、それはそれで重要な気もするのでありました。身体の声はちゃんと聞こう。
posted by ちぇり at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

つなげる

100701_0818~0001.jpg
明日から保育園でプールがスタート。体温なんかを記入するプールカードに厚紙を貼って、自分のだってすぐに分かるように祐貴にシールを貼らせました。この前マクドナルドでもらったポケモンシール(笑)。

黙って見てたら、四角いシールをはじっこがちょっと重なるように貼って繋げてラインみたいにするのです。

最近はシールを貼るってのをあんまりやってなかったんだけど、祐貴は1歳の頃からシールを貼るたびに長く繋げてるのです。いっつもそうだった。テーブルにもアンパンマン&電車シールのラインがあるし。

これは一体なんなんだろうか?心理的に何かあるとか?…ないか(笑)

そんな彼のKINは
「KIN 46 白い共振の世界の橋渡し」

人と人を繋げて、世界を繋げて、そんな人になったらいいなと思ったりしてみる朝。
posted by ちぇり at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

スイミングスクール

最近祐貴が「プールの学校行きたい」とちょこちょこ言っていて、この前の日曜日、いよいよ本格的に言いはじめた。まあスイミング行かせてもいいかなと思っていたし、ちょうど実家に行ってたので母親に相談してみたら「そろそろ何かやっていいんじゃない?」と同じような感じだったので(私も幼稚園の時にエレクトーン習ってたし)、帰ってから色々と調べてみた。

この辺はスイミングスクールがけっこうたくさんあるんだけど、幼稚園児クラスは平日14時からとか15時からとか、せいぜい遅くて16時からで、今のところ平日は毎日仕事に行ってる私にはちょっと連れて行けない時間。単発で休むならともかく、シフトを減らすのも難しい。土曜日も月に2回仕事してるし、じゃあ日曜日どうかなぁ、と思ってみたら、ちょっと離れてはいるけれど、市内のスポーツクラブに日曜のクラスがあったのでした。しかもこの週末、29日30日31日に入会すれば入会金ゼロで、水着と指定バッグを無料でくれるとのこと!で、この情報を知ったのが30日夜(笑)。だったので、昨日の夕方バイトを早退させてもらって、スクールに行ってきました。

ちょっと月会費は高めだけど、去年移転して新しくなったばっかりだからキレイだし、スイミングスクールとしては有名どころだし、土曜とか平日にも振り替えられるし、いいかなーと思ったので早速入会してきました。ちょっとアトピー気味なので心配もあるけど、普段も塩素たっぷりのお風呂に週1〜2回行ってるから、まあ大丈夫だろう(笑)。

いやはや、すごいスピードで決めてしまった。でも、今度の日曜日から参加できるので、祐貴も喜んでいます。

まあ、これからこども手当てが出るし、これをスイミング代に使うと思えば、ムダに私のふところが痛んだり、逆に生活費にこども手当てが消えてしまうこともないので良いかなと(笑)。

習い事とかって、けっこう親の考え方が違うのでどうかなーという感じですが、とりあえずうちは男の子なので、スポーツはそこそこできた方がいいかなと思ってるし、あとは祐貴のホントにやりたいのを選べるようにしてあげたいなという感じですね。

年中さんになると周りにも色々はじめてる子がちらほら。そういう時期になったんだなーとしみじみと思うのでありました。
posted by ちぇり at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

4歳になりました。

さて、13日に祐貴は4歳になりました。はー、つくづく早い。

水疱瘡は順調に進みまして、薬に関しては、飲み薬は2回のみ、塗り薬も塗ってる最中に祐貴が「イヤだ」と言うので、イヤだって言うなら別にいいや、と止めてしまいました。薬なくても治るしね。熱も微熱程度のが2日間出ただけで、あとは全然病気らしくなかったなぁ。助かるけど。水曜日にはお医者さんから「保育園行ってオッケーです」の証明をもらえたのですが、翌日が祝日だったので、金曜日から木曜日まで、ちょうど7日間保育園お休みしました。

お休み中、ホントは出かけちゃいけないんだけども、熱もないし、ブツブツも増えなくなってきたしで、ちょこちょこ出かけてしまいました。まあ、辛い夏ではなく、この時期に水疱瘡にかかっておくのは悪いことではないと思うので、多少の菌ばらまきはよろしいのではないかと思いまして(笑)、平日に葛西の水族館とか行ってしまいました。(すみません)
あとは、あまりにヒマなので早めの誕生日プレゼントを買ってもらって遊んだり。すっかり休み癖がつきまして、母ちゃん今週はけっこうキツいです(笑)。

12日に久しぶりに1日だけ登園して、翌土曜日が祐貴の誕生日。この日は市民会館で「おかあさんといっしょ」で去年まで活躍していた「ぐーチョコランタン」のコンサートがあり、従姉ファミリーと行ってきました。水疱瘡治ってからで良かった!従姉には祐貴の2歳下の男の子が居るんですが、そういう子の前に行くとちゃんとお兄ちゃんになるので、いつもちょっと感心。

夕飯まで一緒に食べて帰って来て、戻ってから誕生日のケーキ。

色んな人に「何歳?」と聞かれて「4歳」と答えるのがすっかり板についた祐貴でありました。もうすぐ年中さんだぁ。
posted by ちぇり at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

水疱瘡について

野口整体では「水疱瘡は股関節を通して腎臓を育てる病気」と言われています。この病気をしっかり経過すると、骨盤がしっかりしてきて、腎臓が育つ。成長するうえで必要な病気なのだそうです。他には「はしかは肝臓を通して呼吸器を育てる」「おたふく風邪は生殖器を育てる」というのがあり、この3つの病気はしっかり経過させるのが良いとされています。

うちは、ホントに赤ちゃんの頃にはしかが(主に大人の間で)流行して、その時に予防接種をしろとしきりに言われたので、やっぱり予防接種してしまいました…。罹るかな?とも思ってたんですが、移るほど外出してる時期でもなかったし、まだ母体の免疫も残ってる時だったので…。肝臓と呼吸器って、アレルギーと関連あるから、罹っておきたかった。

私は野口整体は参考程度にしてるだけで、整体育児をしているわけではないので、今日も病院に行って薬をもらってはきましたが、とりあえず全身に発疹が出てるなというのを確認して、それから薬を与えることにして、あとは手当てをちょこちょこやっています。飲み薬は適度なところでセーブするかなと。

しかし、子供にこうやって何かがあって色々調べてみたりすると、最近は必ずホメオパシーのことがひっかかって来て、でもホントに全然知らないくらいなので、やっぱりちょっとホメオパシーの勉強したいなぁとも思うのでした。きっとヤングリビング方面での対処の仕方もあるんだろうなぁ。

勉強しなくちゃいけないことがたくさんある。
posted by ちぇり at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水ぼうそう

16日間お休みしていた職場が、今日から再オープンとなり「ようやく本業に取りかかることができる!」とほっとしていたのですが、今朝起きたら、祐貴が明らかに水疱瘡になっていました。母ちゃん休みだったんだから先週なってくれれば良かったのに!とも思う訳ですが、仕方ない(笑)。

保育園にも「水疱瘡 1名」の保健だよりが張り出されていたし、おとといお風呂に入った時に、いつもと違うぽつぽつが3つくらいできていたので「もしや…」とは思っていたのですが、その後は特に増えている様子もなかったので「ニキビみたいなもんかなぁ」と思いつつやり過ごしていたら、今朝になって一気に増えてしまいました。これは明らかに水疱瘡。…ということで、保育園はお休み決定。まあ、祐貴もぼちぼち済ませなければと思っていたところなのでこれまた別の意味でほっと一息ではあります。

朝は熱もなく元気だったので、医者に連れて行ってから、職場に連れて行ってもいいかなぁとか、実家に預けて仕事に行くかぁ、とか、色々思っていたんだけれど、伝染病のウイルスを持ってる子供を温浴施設に連れて行くのはどうかと思うし、あとから痒みがひどくなったり、熱が出たりすることだってあるわけで、とりあえず初日はやっぱり家で私が付いてるべきだよなと思って、仕事も休むことにしました。(多分ブーブー言われてると思うけど)

症状としては、最初は脇腹あたりにぽつぽつあったのが、今は胴体全体に広がっていて、足の方にもぽつぽつと。おチン子のところが薬も染みるようでちょっと痛そう。あんまり痒い感じはないみたいで(だから昨日の段階では水疱瘡だと思わなかった)、むしろ潰れたところが痛いのが気になる様子。あとは口周りとか目の周辺にできてるのがちょっと邪魔みたい。思えばここ2週間くらい、口角のところにヘルペスみたいのがちょこちょこできてたんだけど、これは水疱瘡の潜伏中だったからだろうなぁと。

午後過ぎてからちょっと熱も出て来た感じで、祐貴的には色々辛くなってきた感じ。家の中に居るのも気に入らないみたいでグズグズ。あとは、寝かせた時に咳が出て来てちょっと吐いた。やっぱり仕事休んで良かったわ。土日休みだし、月曜はバイトだからこれも休めば、あとは母親に頼んだりしてなんとかなるかなぁと。仕事をふたつ掛け持ちしてる理由には「リスクの分散」というのもあるので、こういう時にホント良かったと思う次第でした。

まあとりあえず、山場は今夜寝る時と、明日明後日かな〜。

民間療法的水疱瘡に関する知識は、またのちほど。
posted by ちぇり at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

自転車

このゴールデンウイークに祐貴もだいぶ成長しまして、自転車をひとりで乗れるようになりました。

うちは三輪車を買わず、2歳の誕生日の時に「いきなり自転車」というのを買ったので、たまに乗せていたんですが、親が押すように後ろにハンドルが付いてるので、今まではどうしてもそっちメインで移動する感じでした。なかなか子供自身が足を使って漕ぐというのをしないし、親もイライラしちゃうのよね。

たまに練習はさせてたんだけど、そろそろ補助輪付きの自転車をひとりで乗ってもおかしくない時期だよなーと思って、秋ヶ瀬に行く時に自転車を持って行ってみたら、けっこう楽しく漕いでくれてました。

で、この前の日曜日に行った公園が、色々な自転車がたくさんあって自由に乗れるようになっていたので、祐貴も自転車に乗せてみて、しばらく練習したら、ブレーキも使えるようになったし大丈夫そうだったので、じゃあ一周してみようと私も別の自転車に乗って後ろを走って行ったら、全然問題なく漕いでいました。ただ、何かトラブルがあると慌てちゃうみたいで、おかげで転んじゃうというのが2回あって、祐貴は「難しいよ〜」と泣いてましたが(笑)、でもあの様子なら全然問題なさそう。

これからいい時期だし、ちょこちょこと乗せてあげたいなと思っております。

いやー、しかし早いなあ。もう自転車乗るんだもんなぁ(笑)。
posted by ちぇり at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

卒園しました

昨日をもって、祐貴は今まで通っていた保育園を卒園しました。まあ、卒園式は先週の24日に行われていたんだけれど、保育は31日まで継続してくれるというわけです。

この前にも日記に書いた通り、最後の数日は「あと何回かしか来ないんだなぁ」と思ってしみじみしていましたが、昨日のお迎えの時もやっぱり悲しくなってしまいました。18時にお迎えに行くと、いつもよりもたくさんの先生が残っていて見送ってくれたのですが、いつも延長保育の時にとってもかわいがってくれていたN先生は「寂しいよ〜」と言って泣いているし、今年担任してくれていたふたりの先生方は退職されるとのことで、そのうちのM先生は祐貴が入園した当時はこの先生に抱っこされてないとダメだったという、ホントに最初からずっとお世話になった先生だったので、当時を思い出すと涙せずにはいられません。

当の祐貴と言えば、やっぱりお別れという状況をあまり理解していないらしく、先生に「ありがとう」と言いつつもへらへら笑っていて(当たり前だけど)、それがまた涙を誘うのでありました。

この保育園は、まだ3歳になったばかりの祐貴の人生のうち、1年9ヶ月を過ごした場所なわけで、小さな祐貴の社会における第一歩を踏み出したところであったと言えます。

でも、今までは小さかったからみんなが味方だった。お友達も偏見なく仲良くしてくれた。

だけど最近外に祐貴を連れ出して思うことは、ホントは全部の人が味方ではないし(子供嫌いな人もいるし、子供のことなんか見えてない人もいる)、子供同士だって仲良くできない場合もたくさんある。祐貴が正しいことを言っていたって、それを受け入れてもらえない場合だって多々出て来る。

そういう社会の中で行きて行くというのが、この4月1日以降に始まるんだなあと思いました。

ホントは「新しい大きな世界に」とか言えばいいのかもしれないし、マイナス思考と思われるかもしれないけれど、私にとって幼稚園に行っていた頃の思い出と言えば暗い記憶しかなく、当時から自分がデブなのを気に病んでいて「明日起きたら痩せてたらいいな、そうじゃなかったら死んでればいいのに」と本気でいつも思っていたという日々だったわけで。社会の中に出て行くと、そういう思考も始まるわけです。

祐貴が今後どういうことを考えて生きていくのかは全然わからないし、私が何かの試練を与えてしまう可能性だってたくさんあるわけだけれど、私なりにできる限りのサポートをして行ってあげたいなと改めて思う次第でした。

次の園の入園式は3日金曜日、その後来週の月曜日からまた慣らし保育が始まるので、その間は私もつかの間の春休みです。
あー、しかし、最近涙もろくてやんなっちゃうな〜。(今も泣いてる)

写真はこちらをクリック >>
posted by ちぇり at 05:28| Comment(4) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

今朝の風景

祐貴はゴミ収集車が大好きで(笑)、今朝は燃えるゴミを捨てに行ってゴミ収集車を見る気満々だったのに、保育園に行く前には見れず、グズっておりました。

なかなか車にも乗らず、無理矢理押し込まれて保育園に向かうと「ゴミ収集車〜」と泣き、次第に「保育園行かないの!」と怒りはじめました。

あれやこれやとなだめるにあたり「ゴミ収集車は毎日見れるけど、保育園はあと3回しか行けないんだよ!」と私。

あと3回かぁ、と思うとなんだか寂しくなってきて、私まで涙が出てきて、保育園までの道中、ふたりで泣いていました(笑)。「みんなと遊びたくてももう遊べないんだよ!」って。どんどん悲しくなる。

そして保育園に着いたところ、ゴミ収集車のことで泣いていたはずの祐貴が「なんであと3回しか保育園行かないの?」と言って泣いていました(笑)。

その後もグズりっぱなしで、先生に抱っこされてようやくバイバイしてくれましたが、なんだか寂しいのと感慨深いのと、4月からのことが思いやられるのと、色んなことがごっちゃになった今朝の風景でした…。
posted by ちぇり at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

間もなく3歳

13日で祐貴も3歳になります。早いねぇ。

昨日は久しぶりにオネショをしました。半年ぶりくらいかもしれない。祐貴はオムツを外したのも早かったし、元々夜はほとんどオシッコしなかったので、夜も普通にパンツでして。

ただ、昨日はお昼寝なしで出かけて、お風呂も出先で済ませて来て、帰ってきてそのまま寝るかなと思ったら起きてゴハン食べて、それから寝かせたから、そんなこんなもありつつ、かなり熟睡してたのもあるだろうしで、特に気にしておりません。

オムツ外しはホント苦労しなかった。

さて4月からは幼稚園ならば年少さんの年になるのですが、祐貴の今通っている保育園は幼稚園前の子までしか居られないので、別の保育園に通うことになります。市役所に申請してまた審査があるので、入れなかったらどうしようかと思っていたんですが、先日通知が来て、とりあえず入れることになりました。でも、第二希望に書いた保育園でした。

祐貴は今の保育園にすごく仲の良い女の子が居て、その子のママも仕事が遅くて延長保育の時はふたりでめちゃめちゃ仲良く遊んでるので、次の保育園も一緒にしてあげたいなぁとずっと思ってました。だから向こうのママと相談して、第一希望、第二希望とも同じ保育園を記入しておいたのです。そしたら、その子は第一希望の園に入れたのに、祐貴は第二希望の園になってしまいまして、引き離されてしまいました。本人達はもとより、母親同士も大ショック(涙)。

市の審査がどういう風に行われているか全くわからないし、とりあえず入れることにはなったので、諦めるしかないんですが。なかなかうまく行かないものです。まあ、今日保育園に行ったら、祐貴と同じ園に行く子がもうひとり居るのが分かったので、知らない子だらけの中に飛び込まないで済むのが幸いではありますが。

でも、今までは同じ学年の子がたった6人しか居なかったような小さな園から、今度は1クラス25人くらいのところに行くので、やっぱり慣れるまでは大変だろうなぁ。

母もがんばらねば。

-----

さて祐貴の誕生日前日には、なぜかジジババと温泉旅行に行くことになりました(久しぶりの旅行なのに、私にとっては地獄)。

で、誕生日プレゼントは、私からはなんとギターです。押し付けじゃないですよ、本人が欲しいって言うからあげるのよ!(笑)

弾けるようになってくれたら嬉しいけど、どうなるかしら。まあ、とりあえず楽しみです。
posted by ちぇり at 15:28| Comment(5) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

保育園1年経過

祐貴が保育園に通いはじめたのが去年の7月からなので、ちょうど1年経ったことになります。早いな〜。入園の翌日がちょうどプール開きの時だったのでその説明を受けて、あとは七夕の短冊を書いてくださいと言われたのでした。「みんなとなかよくなれますように」と書きましたが、もちろん今はみんなと仲良くなって、毎日楽しく遊んでくれています。

で、今年も今日が保育園のプール開き。プールというほどのものではなく、テラスにいくつかたらいを置いて水遊びするだけのモノだけれど、祐貴はとても楽しみにしている様子でした。

七夕の短冊も明日が締め切りなんだけどまだ書いてなくて…
祐貴が最近言うのは「クレーン車乗りたい!」とか「カンカンカン(踏切)見たい!」とか「ポテト食べたい!」とか、そんなのばっかりなんですけど…(笑)。でもまあ、そういう主張をできるようになったのも、ものすごい成長だしね。

とりあえず書くことはもうちょっと考えて、あとで保育園から戻ったら祐貴とふたりで短冊に書こうと思っております。

最近は「ゴミ収集車」とスムーズに言えるようになって連発している祐貴でした。
posted by ちぇり at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

2歳3ヶ月

080505_1320〜0001.jpg

今日で祐貴は2歳3ヶ月。

もうだいぶ会話が成立するようになってきました。色んなことを覚えてて、毎日「シュー(すべり台)やったよ」とか「かきかきしたよ」とか、報告してくれます。何日か前のこともよく話しています。保育園でも子供同士でおしゃべりをしているそうです。

さて、ゴールデンウィークのことを書いていませんでしたが、私は4、5、6の3日間がお休みで、祐貴とちょこちょこ出かけてきました。

「ふねのりたい!」と何度も言っていたので、浜松町まで電車で行って、日の出桟橋から水上バスで浅草まで。浅草では松屋でアンパンマンショーも少し見れて、色んな乗り物にも乗れて喜んでくれました。

最終日には恒例、益子の陶器市にも行きました。ブランコに乗ったりお散歩したりで、それなりに楽しんで来ました。私が抱っこしてた猫を祐貴は抱っこできなかったのが悔しかったみたいで、帰りの車で寝ながらも、寝言で「抱っこしたーい」と泣いてました(笑)。

まあ、あまり派手には出かけなかったけど、なかなか楽しいゴールデンウィークを過ごしました。トイレの方も全然問題なし!でした。色んなところに連れて行っても、祐貴なりに楽しんでくれるのが嬉しい限りです。

最近は夜寝るときに本を読むのを習慣づけようと試み中。

※前にいただいてたコメントのレス、かなり遅くなりましたがやっとつけました〜。いつもありがとうございます。
posted by ちぇり at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

かわいくてたまらない

最近の祐貴が話す言葉で最高にかわいいのが

「ゆうきも、おつきさま、とりたい、なー!」

です。

前から祐貴はお月様好きなんですが「取りたい」と言うので「ママも取れないから祐貴が大きくなったら取ってね」と言うと「うん」と頷いて「ママと半分こね」と言うと、手を伸ばして取る真似をして半分に割る仕草をするのでした。

我が子ながら超カワイイ。

それとオレンジジュースの「なっちゃん」のパッケージを見て、教えてもいないのに「おめめパチン」と言っていて、それがなっちゃんの代名詞になっているのもカワイイのでした。

男の子は言語中枢の発達が遅いから、女の子ほど達者におしゃべりしないので、こういう期間が長く楽しめそうで嬉しい母でした。

あと、オムツはほぼ取れました。長い道のりだったぁ。これに関してはまた色々書きたいなーと思ってます。
posted by ちぇり at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

質問王子

そんなわけで、日々言語能力が進化している祐貴ですが、ここ数日は、よく質問をしてきます。

「ママ何しーんの?(何してんの?)」、「こーは?(これは?)」と。

さっき、久しぶりにソイエで脱毛をしていたら、それまで電車で遊んでいたはずの祐貴から「ママ何しーんの?」攻撃に遭い、最初は「毛、痛い痛いしてんの!」と答えていたモノの、何度も連発だったので、いい加減、ふつうに「脱毛」と答えたり、無視したりしてました。本人もあまり気にしてなさそうなので良いですが、何かを見るたびに「こーは?」と聞かれるようになるのが目前にあると思うと、キレてしまわないかとちょっと不安な母でありました(笑)。
posted by ちぇり at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

言語能力

今日祐貴を神宮に連れて行く道で、バスやら電車をたくさん見たのに刺激されて
「ゆうきも、でんしゃ、のりたい!」「ゆうきも、バス、のりたい、よー!」と連発していました。
今まではせいぜい2語。最近「ありがと!ママありがと!」と言われるようになってえらく嬉しかったのですが、言語能力は日々進化しております。男の子だから女の子に比べると遅いけど、それでも日ごとの進化はすごい!感動!なのでした。

…だけど主張がはっきりしてきてめんどくさいこともあり。ちょっとね(笑)。
posted by ちぇり at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

移動動物園

私の従姉に男の子が産まれました。昨日だか一昨日だかの話で、まだ詳細は聞いてないんだけど、祐貴と2歳違いで弟ができたようなモノで、嬉しいです。

と、考えてたら、2年前の今頃は私はもうぐじゃぐじゃな時期だったのを思い出しました。

毎年この時期に、うちの近くの広場に移動動物園が来るので、去年も一昨年も祐貴を連れて行っています。今年は先日の土曜日に来たので、また行ってきました。一昨年は目も見えない頃だったからともかく、去年は色んな動物を触って喜んでいたし、その後も祐貴の動物好きはお墨付きのようなものだったのに、今年は、いざ動物の近くに行くと…

「こわーい!」

と言ってあまり近寄れませんでした(涙)。

最近覚えた言葉のひとつが、この「こわーい!」なんですが、言葉を覚えるのと同時に、怖いと思う感情も育って来たのかなあと思います。

母としては危険なシーンで「こわーい!」と言われるのは良しとしても、こんなに楽しいシーンで言われると、オイオイ!という感じです…。

移動動物園にはポニーも3頭来ていて、今年は乗せてあげようと、行く前に「お馬さん乗ろうね!」と言ったら、現物を見るまでは「おうまさん!」と喜んでいたのに、いざ順番が来たら、断固拒否でした…。今でも「おうまさん」と言うと「こわーい!」と言ってます。とほほ…。

ちなみに大丈夫だった動物は、うさぎ、やぎ、ひよこ。ダメだったのは、ポニー、あひる、カメ。微妙だったのはモルモット、犬でした(笑)。

来年はポニー乗れるといいけどなあ。
posted by ちぇり at 06:05| Comment(4) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

個人面談

今日は保育園の個人面談をお願いしてた日でした。

16時に保育園につくと、ちょうどさようならの会をやっているところで、今日は祐貴が当番だとのことでした。当番と言うのは前に出て「せーの」みたいのを言ったりする感じ。

祐貴はこの当番が大好きだそうで、いつもノリノリだそうな。踊りが好きだからかしら。

こんな感じで人前に出るのは平気でも、予想してない時にふと注目されると固まってしまったり、知らない先生が来るとなれるまでは近寄らずに遠くで見守っていたりだそうで。

給食もよく食べる。
お友達とのトラブルもなく、優しいのでみんなに人気があって必ず誰かが一緒に居る。特に、夕方いつもふたりで最後になっている「ことちゃん」とはすごく仲が良くて、新婚カップルみたいで、最近ではラブラブでハグしたりしているらしい(笑)。←これはお迎えの時によく聞いてた

着替えやトイレもよくできている。

…という感じで、クラスの中ではホントに手がかからない子だそうな。

まあ、だいたい、毎日の報告から想像したような感じだったけれど、こうやって改めて保育園での様子を聞けて良かった。

あとは、保育園入れて、ホント良かったと思ったのでした。基本的な性格は変わらないけど、やっぱり集団生活の中で学んだことはたくさんあって、私ひとりでずっと相手していたら、そんなにのびのびと育てられなかっただろうなあと。

もう2歳。まだ2歳。

課題というほどのものでもないけど、これからの課題は、水分補給かな〜。まだミルク飲んでるのをやめた方がいいって(笑)。←私が飲ませてる理由は、それ以外にあまり水分をとらないから。ミルク飲むとウンチも出るし、朝とりあえず飲ませてるのでした。
posted by ちぇり at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

いきなり自転車

080213_1802~0001.jpg
posted by ちぇり at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
08sgbn02l.gif